スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

New Post

欅坂46、1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」7月19日リリース!ジャケット、収録曲など詳細!

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」TYPE-Aジャケット

欅坂46が7月19日に発表する1stアルバムのタイトル、収録曲、歌唱メンバーなど詳細が明らかになった。

「真っ白なものは汚したくなる」と題された本作には、「サイレントマジョリティー」から「不協和音」までの4枚のシングル表題曲やカップリング曲に加え、ライブ前に流れるインスト「Overture」と、全3形態で合計16曲の新曲を収録。その総数は40曲におよぶ。

全形態に収録される新曲「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌唱メンバーは、正式メンバー20名にアンダーグループ・けやき坂46(ひらがなけやき)との兼任メンバー長濱ねるを加えた21名。五人囃子、156などの新ユニットも結成されており、平手友梨奈の「自分の棺」、長濱の「100年待てば」、今泉佑唯の「夏の花は向日葵だけじゃない」といった新たなソロ曲も制作された。引用元:欅坂46、1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」の全貌 - 音楽ナタリー
欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」TYPE-Bジャケット

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」通常盤ジャケット

欅坂46 1stアルバム タイトル未定 Type-A(DVD付)posted with カエレバ 欅坂46 SMR 2017-07-19 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入 欅坂46 1stアルバム タイトル未定 Type-B(DVD付)posted with カエレバ 欅坂46 SMR 2017-07-19 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入 欅坂46 1stアルバム タイトル未定 通常盤posted with カエレバ 欅坂46 SMR 2017-07-19 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入

【2014 F1合同テスト】ヘレステスト4日目 小林可夢偉 ケータハム CT05

可夢偉がコースイン、生憎の雨も早速タイム刻む - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
31日、スペインのヘレス・サーキットでF1合同テストの4日目がスタートした。最終日のこの日はケータハムから小林可夢偉が出走、彼の2014年最初の公式セッションに注目が集まっている。

 ここまでケータハムはマーカス・エリクソンが最初の2日間を走り、3日目はリザーブドライバーのロビン・フラインスがCT05をドライブしたものの、トータルでの周回数はわずか22周と苦戦。ベストタイムも唯一タイム計測を行った2日目の1分37秒975と、ライバル勢から遅れをとっている。

 迎えた最終日は生憎のウエットコンディションで、可夢偉も自らTwitterに「残念ながら今日は1日雨っぽい」とつぶやいている。

 セッション開始25分、可夢偉はフルウエットタイヤで最初のコースインを果たすと、開始1時間で2回の走行を実施。その後、3回目の走行にも取りかかった可夢偉は、開始から1時間13分に1分50秒299というタイムを記録、比較的順調なスタートを切っている。



【画像】 小林可夢偉、ケータハム CT05で初走行 【 F1-Gate.com 】 小林可夢偉が、ケータハム CT05で初走行。ヘレステスト最終日のテストを開始した。
残念ながら、最終日のヘレスは雨。セッションはウェットコンディションでスタートした。
小林可夢偉は、現地時間8時25分にケータハムのガレージを離れ、ウェットタイヤを装着したCT05でインストレーションラップを完了した。 
ケータハムでF1復帰を果たした今年、小林可夢偉はブラックを基調にしたヘルメットを着用。これまでとは異なる雰囲気を醸し出している。

【2014 F1合同テスト】ヘレステスト4日目 小林可夢偉(ケータハムCT05)

マルシャ MR03

マルシャF1チームはヘレステスト3日目となる1月30日に、ようやく2014年F1シーズンを戦うニューマシンのお披露目と初走行を行った。レギュレーションの変更に従った典型的なアリクイノーズでした。今年度からフェラーリエンジンにスイッチ、テールエンダーからの脱却となるか。

これでロータスを除く全チームの実車の披露がひとまず終了。どこどこの車体が良いとか悪いとかだけじゃなく、まともに走れるぐらいのエンジンの熟成をまずは各チームにお願いしたい所ではある。そしてF1に復帰した小林可夢偉は、ヘレステスト最終日となる31日(金)にケータハム CT05で初走行を行う予定となっている。





マルシャ、MR03をお披露目&初走行 【 F1-Gate.com 】
マルシャは、2014年F1マシン『MR03』で初走行を完了させた。

当初、マルシャはMR03をヘレステスト初日に発表する予定だったが、発送前にバンブリーのファクトリーで技術的なトラブルが発生。

28日(火)にファクトリーを離れたMR03は29日(水)の夕方にヘレスに到着。ヘレステスト3日目となる30日(木)の午後にようやく初走行にこぎつけた。

マルシャ MR03は、他のいくつかのチームと同じように“アリクイ”型のノーズ採用。今年からマルシャはフェラーリエンジンを搭載する。



キカイダー REBOOT

1972年に当時のNETテレビ(現・テレビ朝日)で土曜日の夜8時から放送されていた(関東地区)あの「人造人間キカイダー」がスクリーンでよみがえる。「キカイダー REBOOT」かねてから噂に上がっていたあのキカイダーをリメイクする、という事で早速期待と不安が。確かにきちんとノウハウのある人がそれなりに時間をかけて作るんだろうからおかしなモノにならないだろうとは思うけど当然現在という時間で作られる訳だから昔のそのまんまではなく今っぽくなるのは当然だと思うし(設定の見直しや役者等)、しかしこの手のかつての特撮ヒーローもののリメイク版ってことごとく失敗(作品的にだったり興行的にだったり)している印象があるので今回のもどうしたものかと思っているのですが、さてとりあえずリメイク版のキカイダーのスーツを早く見たい。


「人造人間キカイダー」、40年を経て新作映画で復活! - シネマトゥデイ
 [シネマトゥデイ映画ニュース] 配給大手・東映の2014年ラインナップ発表会が30日、都内で行われ、石森章太郎氏原作による1970年代の特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」が、放送からおよそ40年の時を経て映画『キカイダー REBOOT』としてリメイクされることがわかった。

 ドラマは1972年から1973年にかけてテレビ朝日で放送。ロボット工学の世界的権威である光明寺博士よって作られた人造人間キカイダーことジローが、悪の科学者プロフェッサーギルの率いる秘密結社と壮絶な戦いを繰り広げる。石森氏による漫画版も同時に連載された。

 左右非対称で赤と青に色分けされたキカイダーの奇抜なデザイン。また機械であるジローの体には、不完全な「良心回路」が組み込まれており、正義の心と悪の指令に揺れる危うさを秘めたヒーロー像が人気を呼んだ。

 当時ライダーと並ぶ人気を博しながら、これまで東映ヒーローの集合映画やアニメ版の製作に留まり、ストレートな実写作品としてのリメイクがなかったという同作。その理由を東映の白倉伸一郎プロデューサーは、「内容がすごく難しい。上面の物語ということではなく、石森先生の生み出したテーマが非常に深く、なかなか手が出せなかった」と説明。実際これまで幾度も企画が持ち上がっては却下されてきたというが、角川の協力もあり企画が実現。名作の復活が決定した。「ある種東映の源流といっても過言ではない」と…

『agehaプレス』企画、ニコニコ公式生放送【有名人の集まるお店『CLUB 30minutes@ageha』】2月1日20時から

「agehaプレス」とは10代、20代向けのギャル系ビューティー雑誌「小悪魔ageha」と「姉ageha」でお馴染みのインフォレスト株式会社が運営する女子のお悩み相談サイト。その『agehaプレス』のニコニコ生放送企画【有名人の集まるお店『CLUB 30minutes@ageha』】では、キャバクラのようなシチュエーションで男性キャストが女性キャストをガチで口説くコーナーと、国際弁護士「丸山和也先生」による女性が日々悩んでいることに関する相談コーナーの前後編2部構成の企画番組が2014年2月1日(土)にニコニコ公式生放送にて配信するそうです。

前編の「キャバクラ風男性キャストが女性キャストをガチで口説くコーナー」ではキャバクラに飲みに来るお客さん扮する男性キャスト2人が人気モデル達が働く「有名人の集まるお店「CLUB 30minutes」」へ訪れ、キャバクラ嬢扮する女性キャスト2人をガチで口説いていくコーナーです。後編はあの丸山弁護士(参議院議員)が「小悪魔ageha」の人気モデルやサイトに寄せられたお悩みに答えていくと言った企画、だそうです。「小悪魔ageha」や「姉ageha」で活躍しているモデルさんが実際に出演するのでそのモデルのファンは注目してみてもいいかもしれませんね。

放映日時は2014年2月1日(土)20時~22時までなので、興味ある方は是非ニコニコ生放送へ。





能年玲奈「かんぽ生命」新CMキャラクターに

能年玲奈が「かんぽ生命」の新イメージキャラクターに就任、2月3日より「かんぽ生命」のテレビCM「人生は、夢だらけ。」が全国でオンエアーされる、と言った話題。ウエディングドレス、綺麗ですねー。そういえば小泉今日子と片桐はいりのCMは「明治安田生命」でしたっけか。うーむ。



能年玲奈 初のウエディングドレス姿披露「楽しかったのでいいかな」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
昨年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインを務めた女優の能年玲奈(20)が30日、都内で行われた「かんぽ生命」新CMキャラクター発表会に登場した。

 CMでは「人生は、夢だらけ。」とテーマに、能年の走る姿とともに、さまざまな喜怒哀楽の場面を演じている。「“この世は悪くない、人生は夢だらけ”というナレーションが私も好き。大切なメッセージだなと思って大切に演じさせてもらいました。大人になったって、夢をたくさん持っていいはずだと私は思っているので、それが伝えられたら」とニッコリ。

 「本当に楽しくて…走ったり、飛んだり、山に登ったり、新鮮な動きがたくさんあって、私もすごくお気に入り。絵コンテを見ていた時からすごくワクワクしていたんですが、すごく楽しい撮影で良かった」と撮影を振り返った。

 CMでは全19パターンの衣装に挑戦。「CMで19パターンもやらせてもらってうれしい。こんなにステキなCMに出させてもらって、幸せだなって思いながら、着替えてました」と笑った。

 中には、人生初となるウエディングドレス姿も披露している。「初めて着たので、うれしくて」と笑顔を見せた能年だったが、「出来上がりを見たら、ウエディングドレス姿が一番子供っぽくてびっくりしました」と苦笑い。仕事でウエディングドレスを着ると婚期が遅くなるというジンクスもあるが、「まだ想像つかないですね。でも、楽しかったのでいいかな」と照れ笑いを浮かべた。




能年玲奈、「あまちゃん」で大ブレイクの昨年を振り返る - モデルプレス かんぽ生命保険の新イメージキャラクターに就任した能年は30日、都内で行われた発表会に出席。2月3日より全国でオンエアされる同社のテレビCM「人生は、夢だらけ。」では、ウエディングドレス姿を初披露しているほか、自身初のワイヤーアクションにも挑戦。「空中に浮くのは初めてでしたが、スタッフの方々が下で構えていたので、…

アイティオール、内線電話革命「naisen(ナイセン)」のイメージCMを公開

インターネットメディア事業を展開するアイティオール株式会社は、次世代ビジネス電話「naisen(ナイセン)」のイメージCMを2014年1月26日に公開しました。

naisen(ナイセン)とは、IP電話を活用して物理的に離れている拠点間で内線電話網を構築できるASP型のPBXサービスのこと。インターネット回線と、PC・スマートフォン・IP電話機のいずれかさえあれば、会社・自宅・出先を内線化できるそうで、内線もIP電話化の時代なんですね。

さて、内線電話革命naisen(ナイセン)のイメージCMですが、主演は大手私鉄ニュースで伝説のネタ画像となった「私は特にどこでもいいです」で話題の関口愛美さんだそうで。綺麗な方ですよね。実際のCMはYouTubeでも見られるそうなので興味のある方は是非どうぞ。

私は特にどこでもいいです naisen (ナイセン) CM short ver.(YouTube動画)






「LUXX vol.3 -Supported by SMIRNOFF ICE-」にReady Candy Camp出演

2月6日(木)に開催される「LUXX vol.3 -Supported by SMIRNOFF ICE-」渋谷VUENOSにて行われるオムニバス・ライブイベントにReady Candy Camp(デートピア所属)の出演が決定しました。

この「LUXX vol.3 -Supported by SMIRNOFF ICE-」というイベントは、浩督率いるTASTE OF HONEY PRODUCTION発足に伴い、 数々のアーティスト登竜門である渋谷VUENOSにて去年10月よりスタートしたというイベント。文字通り渋谷の音楽シーンの最先端を行くイベントと言えそうですね。今回の出演者は、浩督、石川マリー、野澤アイラ、YoKo 、SllR、浦島健太、Elina、FlowBack、Call My Name、J-Dis81、優菜、JOE、Yu-ji、Hype Boyz、Meguなど、メジャー・インディーズ問わずさまざまなジャンルのアーティストが出演します。そしてR&B界期待のホープ、Ready Candy Campも今回出演します。

Ready Candy Campとは、iTunes Store 2012 年間ダウンロードランキング6位のカヴァーコンピ「セツナ系泣き歌R&B」そのゲスト・ボーカリストが参加する最強ディーヴァ・プロジェクト。2013年7月3日にデジタル・シングル「私だけだって言ってよ」をリリース。今作が歌詞サイトでアクセス・ランキング1位にチャートインし、また自身の公式ブログがCROOZ blogジャンル・ランキングでも1位を獲得する。2014年2月12日(水)には、デジタルシングル「言えないよ、イキナリpart2 feat.PEACE」のリリースも決定しています。

渋谷の音楽シーンを感じたい方は是非2月6日(木)渋谷VUENOS「LUXX vol.3 -Supported by SMIRNOFF ICE-」に出かけてみたらいかがでしょうか。



ウィリアムズ FW36

ウィリアムズは28日のヘレス合同テストで2014年のF1選手権を戦うニューマシンの初走行をした。事前に披露されていたCG通りの暫定カラーに彩られたアリクイノーズの車体ですね。昔からのモータースポーツファンに取って懐かしのスポンサードが付く様なのでそのカラーリングに期待です。

ウィリアムズ、FW36をお披露目&初走行 【 F1-Gate.com 】
ウィリアムズは、2014年F1マシン『FW36』で初走行を行った。

事前にFW36のイメージ画像を公開していたウィリアムズは、ヘレステスト初日の朝にFW36を発表する予定だったが準備が整わずに延期。午後になってバルテリ・ボッタスがステアリングを握り、初走行を完了した。


ウィリアムズ FW36は、イメージ画像通りの“アリクイノーズ”を採用。マシンにスポンサーロゴは掲載されているが、カラーリングはテスト用の暫定カラーだと思われる。

ケータハム CT05

ケータハムの2014年のF1シーズンを戦うニューマシンがようやくお披露目となった。午前中トラブルが発生し午後になってようやく準備が整い初走行を行った。

CT05と呼ばれるマシンは、これまた良い意味でも悪い意味でも独創的と言いましょうか、ノーズというよりも太い1本のステー(いちおうノーズの形態にはなっている)でフロントウイングをつり下げていると言った感じの、しかも昨年までの段差ノーズはそのまま残っている感じの下にノーズをくっ付けましたという感じの。よくよく見るとノーズの先っぽとウイングとの接地面があんなに少なくて大丈夫なのかという心配もあるが…。うーむ。



↓(ソース張り替えました。CT05です。ごめんなさい。タイトルも変更しました) ケータハム、2014年F1マシン名は『CT05』 【 F1-Gate.com 】
ケータハムは、2014年F1マシン名が『CT04』ではなく『CT05』であると発表した。

ケータハムは、ヘレステスト初日の午後になったようやく2014年F1マシンでの初走行を実施。レースドライバーの小林可夢偉は「CT04です。 頑張るそうなのでよろしくお願いします。」と自身のTwitterに画像をアップ。当サイトも前モデルからの連番だと思い込み、CT04と紹介してしまった。

だが、その後、ケータハムの公式Twitterで「CT05 (そうです、CT04ではなくCT05です)」と新車の名前を明らかにした。

ケータハムは、ヘレステスト初日と2日目にマーカス・エリクソン、3日目にロビン・フラインス、最終日に小林可夢偉が走行を行う。

フォース・インディア VJM07

1月28日のヘレスサーキットでの合同テストではロータスを除く10チームが参加。そのうちマルシヤは新車は間に合わなかったらしい。そんな中、最初にイメージCGを披露していたのがフォース・インディア。遂に2014年ニューマシンの実車が披露された。今の所極端なアリクイノーズ化になってしまったのはフォース・インディアがいちばんか?見る角度によっては、言葉は悪いが非常にマヌケな感じに見えてしまう。このチームは毎年比較的手堅いマシン作りで定評のあったチームなのだが、さて今年はどうなんだろうか。





なにやら「あれっ?」みたいな感じで恐る恐る…(そう見える) Fインディア、アリクイノーズの『VJM07』を披露 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
フォース・インディアF1チームは28日、2014年シーズンを戦うF1マシン『VJM07』の実車を正式に披露した。

 今月22日に全チームのトップを切って新車のデジタル画像を公開していたフォース・インディア。ただ、そのとき公開されたのはサイドから映した1枚のみで、その全容は明らかになっていなかった。

 28日にヘレス・サーキットでお披露目された新車『VJM07』は、レッドブルも採用したノーズ中央の先端が突き出るようなアリクイ形状を採用。それを除くノーズ本体はモノコックからの幅を維持し、ウイングステーの幅も十分な開口を形成している。

 チームは今季、若く実力のあるふたり、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスのコンビを走らせる。

レッドブル RB10

ここ数年のF1を牛耳って来た感じのレッドブル(セバスチャン・ベッテル)。注目の2014年仕様のニューマシンが28日にお披露目となった。やはりここもアリクイノーズか…と思ったのですが、よくよく見てみるとただ闇雲に突き出してあるのではなくウイングのステーの様に処理されているし翼端板がわりになっていて上手く空気を下方に流れる様になっている…様に見える。カーボンむき出しになっていてブラックアウトで極力突き出しが目立たない様になっているのもいいかも。さて、今年のレッドブルはどうなんでしょうか。





レッドブル『RB10』は黒いアリクイ - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

28日、ダブルタイトル4連覇中の王者レッドブル・レーシングが、2014年シーズンに投入するF1マシン『RB10』を発表した。

 2010年から4年連続でドライバーズとコンストラクターズの両選手権を制しているレッドブル。そのチャンピオンマシンを生み出してきた“空力の奇才”エイドリアン・ニューエイが今季の新レギュレーション、特に話題のフロントノーズにどのようなソリューションを見いだしてくるのかF1界全体が注目するなか、この日開幕する合同テストの舞台、ヘレス・サーキットで披露された。

 今年も、ディフェンディングチャンピオンのセバスチャン・ベッテルと、マーク・ウエーバーの引退によってジュニアチームのトロロッソから昇格を果たしたダニエル・リカルドがドライブする『RB10』は、タイトルスポンサーのインフィニティのロゴとお馴染みのレッドブルカラーをまとって登場。
 注目のノーズセクションは、一見するとこれまでのトラディショナルな形状を維持しているようにも見えるが、ノーズ先端はアリクイの鼻を思わせるような突き出た形状に。またその先端部分は縦にも一定の幅を確保しており、ここに何らかの意図も感じられる。チームはこの部分を黒いカーボン地で残し目立たないようにしている。エイドリアン・ニューウェイ、ノーズ形状は“不愉快なほど恥ずかしい” 【 F1-Gate.com 】
レッドブルのデザイナーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、RB10の発表会でノーズの形状を“不愉快なほど恥ずかしい”と述べるなどレギュレーションに不満を述べた。

レッドブ…

メルセデス W05

メルセデスAMGペトロナスF1チームは28日、2014年のニューマシンを発表しました。今まで他のマシン、特にノーズの処理が奇抜なマシンばかり見て来た所為か比較的安心してみられる。フェラーリほど極端なローノーズになってなく、他のマシンの様な取って付けた様なノーズ先でなく滑らかな処理が気に入った。それよりこれは今年の各チームにも言える事なのだが、フロントウイングの奇妙奇天烈な処理の方が気になる。




メルセデス、新車『W05』を発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
メルセデスAMGペトロナスF1チームは28日、2014年シーズンを戦うF1マシン『W05』を発表した。

 2010年にグランプリレーシングの世界に復帰し、F1でもトップクラスの予算を武器に有力コンテンダーの仲間入りを果たしたメルセデスは、昨年フェラーリとの争いを制してコンストラクターズ選手権2位の座を手に入れた。

 今年は、昨シーズンまでチーム代表を務めていたロス・ブラウンが離脱したものの、チームの組織改革は着々と進められており、ライバルチームからもスタッフを獲得。引き続きルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグという強力コンビを擁するメルセデスは打倒レッドブルの一番手として新シーズンに挑戦、タイトル獲りに挑む。

 現地時間午前8時過ぎ、合同テストを控えるヘレス・サーキットのピットレーンで公開された『W05』は、フェラーリ型のなだらかに垂れ下がったノーズを披露。先端もこれまでのスタンダードな形状を維持しており、シャシー下面への気流は、ウイングステーの幅を広げることで解決させている。

 カラーリングは伝統のシルバーにペトロナスのライトグリーンは変わらず。コックピット周りからエンジンカバーにかけて新たにブラックが追加されている。

トロロッソ STR9 & ザウバー C33 ノーズデザイン

2014年のF1はレギュレーションの変更により新しく搭載されるターボユニットも注目なのですが、最も注目されているのがその車体デザイン。特にノーズ部分のデザインは各社それぞれのレギュレーション内での解釈で様々なデザインが披露されている。

スクーデリア・トロロッソの2014年シーズンを戦うニューマシンが発表された。今年からルノーエンジンにチェンジするのでそこも見所なのだが、注目のノーズデザインは「突起ノーズ」なにやら取って付けた感じで先端にくっ付けただけの様な感じもしなくもないのだが、側面から見るとそうでもなくローノーズっぽく見えるんだよね。もしかしたらレッドブルもそんな感じになるのかしら…うーん。






突起ノーズを採用。トロロッソが新車『STR9』発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

スクーデリア・トロロッソは27日、2014年シーズンを戦うF1マシン『STR9』を発表した。

 今季は、ダニエル・リカルドのレッドブル昇格に伴い、昨年のGP3チャンピオンであるダニール・クビアトを抜擢したトロロッソ。レッドブルのジュニアチームという発足当初からのコンセプトを保ちつつも、中堅チームとしても確固たるポジションを築いてきた。

 そのイタリアチームは、昨年までフェラーリからエンジンの供給を受けてきたが、今年は大幅なレギュレーション変更に合わせて、レッドブルと同じルノーのパワーユニットを搭載、新シーズンを前に新たな体制も築き上げた。

 翌日に開幕する合同テストの舞台、ヘレス・サーキットでお披露目された『STR9』は、そんなチームの期待を背負って登場。ベルニュとクビアトによってアンベイルされたマシンは、今年もチーム伝統のカラーリングが施された。

 注目を集めるフロントエンドは、なだらかなアングルを維持してローノーズを形成しているが、先端は中央だけが突き出たかっこうに。一方、リヤエンドでは、ルノーのロゴが躍るサイドポンツーン後端がかなりきつく絞り込まれている印象だ。




先日発表されたザウバーF1チームの新車C33のノーズデザインが披露されている。これはこれで、アリなのかな。割合とマトモな感じに見られる様になって来た。もっと変なのを見てしまったから、目が慣れて来たのかな。
ザウバー、C33…